アドミッション・ポリシー

薬学部薬科学科

薬学は、人体に働きその機能の調節等を介して疾病の予防・治癒、健康の増進をもたらす「医薬品」の創製、生産、適正な使用を目標とする総合科学です。京都大学薬学部は、この薬学という学問の基礎体系を深化させ、創薬科学、医療薬学の教育・研究を通して薬学の進展と社会の発展に貢献することを目標としており、産官学における幅広い薬学関連分野でリーダーを輩出してきました。

薬科学科では、創薬に関係する幅広い分野において、将来、リーダーとして国際的に活躍することのできる人材を育成しています。そのため、次のような人材を求めています。
・高等学校等における学習・課外活動を通じ、十分な基礎学力とコミュニケーション能力を有していること。
・自ら目的を設定し挑戦できる行動力があること。
・創薬に関心と興味を持ち、将来創薬領域で世界をリードできる薬学研究者を目指していること。

特色入試においては、高等学校における学業活動、志望動機・入学後の学習設計、大学入試センター試験および英語能力試験、論文試験、面接試験によりこれらの点を評価し、入学者選抜を行います。一般入試においては、大学入試センター試験および個別学力検査により基礎学力を評価します。

薬学部薬学科

薬学は、人体に働きその機能の調節等を介して疾病の予防・治癒、健康の増進をもたらす「医薬品」の創製、生産、適正な使用を目標とする総合科学です。京都大学薬学部は、この薬学という学問の基礎体系を深化させ、創薬科学、医療薬学の教育・研究を通して薬学の進展と社会の発展に貢献することを目標としており、産官学における幅広い薬学関連分野でリーダーを輩出してきました。

薬学科では、医療薬学に関係する幅広い分野において、将来、医療薬学研究者の国際的リーダーとして活躍することのできる人材、および高度な先端医療を担う薬剤師・医療従事者のリーダーとして社会に役立つ人材を育成しています。そのため、次のような人材を求めています。
・高等学校等における学習・課外活動を通じ、十分な基礎学力とコミュニケーション能力を有していること。
・自ら目的を設定し挑戦できる行動力があること。
・先端医療・医療薬学に関心と興味を持ち、将来、医療薬学領域で世界をリードできる医療薬学研究者、および先端医療を担う薬剤師・医療従事者のリーダーを目指していること。

特色入試においては、高等学校における学業活動、志望動機・入学後の学習設計、大学入試センター試験および英語能力試験、論文試験、面接試験によりこれらの点を評価し、入学者選抜を行います。一般入試においては、大学入試センター試験および個別学力検査により基礎学力を評価します。