日本プロセス化学会
-----  The Japanese Society for Process Chemistry  -----


創設趣意書


 21世紀に入り、医薬・農薬を核とする有用な機能性物質の創出は、QOL(Quality of Life)を希求する国際社会のニーズに合致し、広く社会への貢献が期待されております。

一方、ゲノムサイエンス等の先端技術の進歩に歩調をあわせ、益々複雑かつ精密化する機能性物質を効率良く供給するためのプロセス化学は、実用化段階におけるコア技術として重要視されております。

 優れた品質と経済性の追求、製造プロセスにおける省資源・環境保全・安全確保、最適設備の選択、最先端技術の創出と適用、法・規制の遵守等、プロセス化学は工業化に伴うさまざまな課題を解決するサイエンスです。産学連携、ケミスト及びエンジニアの学際的協力が不可欠な領域とも言えます。従来に増してプロセス化学の発展と体系化の必要性が叫ばれる由縁です。

 日本プロセス化学会は産学の多くの機関に分散しているプロセス化学研究者を横断的に結び、学術的かつ学際的立場から、プロセス化学の水準を飛躍的に向上させるべく、趣旨に賛同する多くの研究者のご参加を賜りたいと考えております。研究者相互の親睦と技術の切磋琢磨、成功事例のみならず失敗事例の共有も大切にし、既存の研究会や学会とは異なるユニークな会として運営して参りたいと存じます。

 本会設立の趣旨をご理解の上、この分野で研究を展開中、あるいは関心をお持ちの方々の積極的なご参加をお願い申しあげます。




トップページ へ