生体分子認識学分野とは
生体分子群はお互いに物理的および機能的に相互作用し、多彩な化学反応を引き起こすことにより、多様で柔軟な生命現象を構築しています。生体分子認識学分野では、基本手法として生化学・遺伝子実験法を用いることにより、その生命現象を分子レベルで明らかにする研究を遂行しています。研究活動によりもたらされる成果は、基礎生物学の発展に寄与するのみではなく、薬物開発に向けた有用な標的分子の設定や遺伝子疾患等の病態解明などへも貢献しています。

 

新着情報

市村先生と趙さん(現在はiPS研究所所属)がScience Signalingに発表された際、コスモ・バイオ(株)様よりインタビューされた際の写真です。

趙さんの研究がScience Signalingに掲載された際にインタビュされた時の写真

 

 

Copyrightc KYOTO UNIVERSITY All Rights Reserved.