研究業績
高倉教授個人の業績へ
研究内容
・原著論文
・国際学会
・国内学会
・学位論文
研究室メンバー

国内学会

2010 年以前の演題は こちら

2022 年
  • 日本薬学会第142年会名古屋、3月
    • 体内動態情報を基盤とした細胞外小胞の多様性の解析と治療応用
      高橋有己
    • 異なるサイズの細胞外小胞の消化管内投与後の体内挙動の検討
      小林勇揮、内木桃子、高橋有己、高倉喜信
    • DNAナノチューブの太さと細胞取り込みの選択性における相関関係
      安井健人、伊藤公一、高橋有己、高倉喜信
    • CpG DNAの免疫活性化能の持続化を可能とするi-motifを利用した機能性核酸の開発
      小田 和叶、梅村 圭祐、伊藤 公一、高橋 有己、高倉 喜信

2021 年
  • 第8回日本細胞外小胞学会学術集会京都、10月
    • 優れた血中滞留性を示す細胞外小胞の効率的調製法の開発
      北村慎平、松本明宏、高橋有己、高倉喜信
    • 細胞外小胞 (sEV) 指向性タンパク質および蛍光タンパク質の融合タンパク質を利用したホスファチジルセリン (PS) 陽性sEVの検出法の開発
      小林勇揮、高橋有己、高倉喜信
    • 細胞外小胞の消化管内における吸収挙動の解析
      内木桃子、 高橋有己、 高倉喜信
    • 細胞外小胞の高感度定量法の開発に基づく新規細胞外小胞産生阻害剤の同定
      高橋有己、山本晶、井貫晋輔、中川峻平、大野浩章、土居雅夫、高倉喜信
  • 第21回日本抗加齢医学会総会京都、6月
    • エクソソームの体内動態の解析に基づく疾患治療法開発
      高橋有己
  • 第37回日本DDS学会学術集会千葉、6月
    • DNAナノチューブの細胞選択的取り込みにおけるコラーゲンの関与
      前田幸輝、伊藤公一、高橋有己、高倉喜信
    • 表面電荷の違いを利用した長期血中滞留性を示す細胞外小胞の分画法の開発
      北村慎平、松本明宏、高橋有己、高倉喜信
  • 日本薬剤学会第36年会徳島、5月
    • C型肝炎ウイルス排除後の病態進行における細胞外小胞の役割の解明
      高見祐哉、高橋有己、茶山一彰、高倉喜信
    • 高い血中滞留性を示す細胞由来微粒子の同定とその特性の解析
      高橋有己、吉田晨、山下拓真、大嶽幾、高倉喜信
  • 日本薬学会第141年会広島、3月
    • エクソソームを利用した免疫療法の開発
      高橋有己(招待講演)
    • マウス血漿中において長期血中滞留性を示す細胞外小胞の発見とその体内動態解析
      高橋有己、松本明宏、北村慎平、高倉喜信
    • Gas Vesicle (GV) の調製法の最適化と体内動態評価
      山口拓真、戸保家拓眞 、高橋有己、高倉喜信
    • 抗原搭載多機能性細胞外小胞を利用したアレルギー性鼻炎免疫療法の開発
      劉聞、大田真輝、高橋有己、河本佑介、高倉喜信
    • 高い血中滞留性を示す細胞由来微粒子の探索および体内動態解析
      吉田晨、山下拓真、大嶽幾、高橋有己、高倉喜信
    • 共有結合による枝分かれ構造を有する免疫刺激性DNAの開発
      河本 佑介、劉 聞、安井 健人、廉 知恵、朴 昭映、杉山 弘、高橋 有己、高倉 喜信

2020 年
  • 第36回日本DDS学会学術集会兵庫(オンサイト・オンライン配信併用)、8月
    • ナノ構造化核酸の細胞取り込みにおけるマクロファージスカベンジャーレセプター1の関与
      梅村圭祐、大槻昇三、井上貴雄、高橋有己、高倉喜信、西川元也
    • 抗炎症治療を目的とした細胞外小胞によるマクロファージへのIL4デリバリー
      竹中美佐子、高橋有己、薮田文寧、高倉喜信
    • CpC DNAの免疫細胞への効率的なデリバリーキャリアとしてのヘアピン構造を有するDNAリングの開発
      奥隅佳奈、小村英恵、高橋有己、高倉喜信
  • 日本薬剤学会第35年会熊本(誌上開催)、5月
    • 脱糖鎖処理された細胞外小胞の体内動態の評価
      山本晶、安江縁、高橋有己、高倉喜信
    • 長期血中滞留性を示す細胞外小胞のマウス血漿からの分画とその体内動態解析
      北村慎平、松本明宏、高橋有己、高倉喜信
  • 日本薬学会第140年会京都、3月
    • 水性二相分離法により作製したbFGF搭載メタクリル酸修飾ゼラチン微粒子の内包による脂肪由来幹細胞スフェロイドの高機能化
      水上優哉、高橋有己、清水一憲、小西聡、高倉喜信、西川元也
    • 細胞外小胞を利用したマクロファージへのIL-4デリバリーによる抗炎症治療法の開発
      竹中美佐子、高橋有己、薮田文寧、高倉喜信
    • 優れた血中滞留性を示すマウス血漿由来細胞外小胞の発見とその物性および体内動態解析
      北村慎平、松本明宏、高橋有己、高倉喜信
    • G-quadruplexを利用したCpGオリゴのナノ構造化による安定性および免疫活性の増強
      廖文卿、草森浩輔、高橋有己、高倉喜信、西川元也
    • 疎水性相互作用に基づくDNA超分子を利用したCpG DNAと抗原タンパク質の免疫細胞への同時送達キャリアの開発
      伊藤公一、刈屋睦、高橋有己、高倉喜信
    • 細胞外小胞の体内動態における脱糖鎖酵素処理の影響の評価
      山本晶、安江縁、高橋有己、高倉喜信
    • 免疫活性化能の増強を指向したヘアピン構造のループ部分にCpG DNAを有するDNAリングの開発
      奥隅佳奈、小村英恵、高橋有己、高倉喜信
    • 樹状細胞由来細胞外小胞を利用した効果的ながんワクチン療法の開発およびその活性化機構の解明
      飛鳥真帆、松本明宏、高橋有己、高倉喜信
    • マクロファージスカベンジャーレセプター1を介したナノ構造化核酸の細胞取り込みメカニズムの解明
      梅村圭祐、大槻昇三、井上貴雄、高橋有己、高倉喜信、西川元也

2019 年
  • 日本薬剤学会第34年会富山、5月
    • 免疫活性化能を有する抗原搭載樹状細胞由来エキソソームを利用した効果的ながんワクチン療法の開発
      飛鳥真帆、松本明宏、高橋有己、高倉喜信
    • 持続的な高免疫賦活活性を有するTLR7/8標的RNA/DNAハイドロゲルの開発
      小村英恵、奥隅佳奈、高橋有己、高倉喜信、西川元也
    • 血液中の内因性エキソソームの挙動解析のための標識法開発と薬物速度論的解析に基づく内因性エキソソーム濃度維持機構の解明
      松本明宏、高橋有己、山本晶、高倉喜信
  • 日本薬学会第139年会千葉、3月
    • 特異的標的法の開発に基づく血中内因性エキソソームの体内動態解析
      高橋有己、松本明宏、山本晶、高倉喜信
    • Rolling circle amplification (RCA) 法により調製した長鎖DNAを利用したDNAナノチューブの細胞取込み特性の評価
      伊藤公一、刈屋睦、高橋有己、高倉喜信
    • がんワクチン療法への適用を目的としたInterferon-γ搭載がん細胞由来exosomeの開発
      仲川直輝、高橋有己、高倉喜信
    • Determination of tertiary structural features of branched DNA nanostructures with identical sequence by small-angle X-ray scattering analysis
      Mengmeng Tan, Natsuki Takahashi, Shota Fujii, Kazuo Sakurai, Kosuke Kusamori, Yuki Takahashi, Yoshinobu Takakura, Makiya Nishikawa
    • Development of Antigen Presenting Cell-Targeted Nanostructured DNA for CpG Oligodeoxynucleotide Delivery by Mannose Modification
      Wenqing Liao, Sakiko Akahira, Kosuke Kusamori, Rintaro Hara, Takeshi Wada, Yuki Takahashi, Yoshinobu Takakura, Makiya Nishikawa

2018 年
  • 第68回日本薬学会近畿支部総会・大会 、姫路、10月
    • ナノ構造化核酸の免疫細胞による取り込みにおけるマクロファージスカベンジャーレセプター1の寄与
      梅村圭祐、大槻昇三、高橋有己、高倉喜信、西川元也
    • 免疫細胞へのデリバリーに適したDNAナノ構造体の構造的特徴の解明
      前澤辰興、大槻昇三、日高久美、杉山弘、遠藤政幸、高橋有己、高倉喜信、西川元也
    • アデノシン類似化合物COA-Clとスフェロイド化によるマウス脂肪細胞由来幹細胞の血管新生促進作用の増強
      西村俊祐、荻野悠加、西川智子、西川元也、塚本郁子、高橋有己、高倉喜信
  • 第12回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム札幌、9月
    • Development of oxygen-generating microwell for improved functons of cells in multicellular spheroids.
      水上優哉、高橋有己、清水一憲、小西聡、高倉喜信、西川元也
  • 日本核酸医薬学会第4回年会福岡、7月
    • TLR7/8を標的とした高次構造化RNA/DNAアジュバントの開発
      小村英恵、高橋有己、井上貴雄、高倉喜信、西川元也
       (川原賞受賞)
  • 第36回物性物理化学研究会 ―エクソソーム・細胞外小胞研究の最前線―京都、7月
    • エクソソームの標識技術とドラッグデリバリー応用の最前線
      高倉喜信
  • 第34回日本DDS学会学術集会長崎、6月
    • 3次元構造化による免疫細胞への核酸デリバリー
      高橋有己、西川元也、高倉喜信 (招待講演)
    • エキソソームのワクチン応用を指向した抗原タンパク質のエキソソームへの搭載様式に関する検討
      有馬悠太、高橋有己、西川元也、高倉喜信
    • 免疫細胞指向性の付与に基づく効果的な抗腫瘍免疫誘導を目的としたCD40L修飾エキソソームの開発
      劉聞、高橋有己、森下将輝、西川元也、高倉喜信
  • 日本薬剤学会第33回年会 静岡、5〜6月
    • 遺伝子・核酸医薬品のデリバリー戦略の開発に関する研究
      高橋有己
    • 凍結乾燥を利用したエキソソームの常温保存方法の開発
      Charoenviriyakul Chonlada、高橋有己、西川元也、高倉喜信
    • ゼラチン微粒子の内包による肝細胞スフェロイドの細胞機能の向上
      水上優哉、守谷愛衣、高橋有己、清水一憲、小西聡、高倉喜信、西川元也

2017 年
  • 第39回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム 金沢、10月
    • Exosome-based Drug Delivery System: 薬物動態学/製剤学からのアプローチ
      高倉喜信、高橋有己
  • 第11回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム 京都、10月
    • 細胞外小胞エキソソームを基盤とした疾患治療法の開発
      高橋有己
      (招待講演)
    • 培地体積の最適化による効率的なエキソソームの回収
      服部将太、高橋有己、山下拓真、西川元也、高倉喜信
    • 搭載タンパク質のエキソソームにおける局在が細胞取込み後のタンパク質細胞内挙動に及ぼす影響の評価
      有馬悠太、高橋有己、松本明宏、西川元也、高倉喜信
  • 第67回日本薬学会近畿支部総会・大会 神戸、10月
    • 塩基修飾核酸とナノ構造化の組み合わせによる機能性核酸の活性増強
      荒家由季、大槻昇三、朴昭映、杉山弘、高橋有己、高倉喜信、西川元也
    • 青色光受容体VIVIDを利用したインターフェロンβの活性制御
      谷岡あかね、高橋有己、M名温志、西川元也、高倉喜信
    • 移植時の操作性を決定する細胞スフェロイドの強度とfibronectinとの関係
      守谷愛衣、水上優哉、高橋有己、高倉喜信、西川元也
  • 第9回日本RNAi研究会/第4回日本細胞外小胞学会JSEV 広島、8月
    • Gagタンパク質によるエクソソーム内部標識法の開発とエキソソーム体内動態の評価
      高橋有己、Charoenviriyakul Chonlada、西川元也、高倉喜信
  • 日本核酸医薬学会 第3回年会札幌、7月
    • CpG DNAの効率的デリバリーを目的とした疎水性相互作用により形成されるDNA超分子の開発
      杉村佳那子、橋有己、西川元也、刈屋睦、大槻昇三、倉喜信
    • 多足型DNAナノ構造体によるCpGオリゴヌクレオチドのTLR9刺激能増強に関するin vitro/in vivo相関の解明
      高橋洋介、前澤辰興、荒家由季、橋有己、倉喜信、西川元也
  • 第33回日本DDS学会学術集会京都、7月
    • インターフェロン持続発現プラスミドを利用した直接作用型抗ウイルス薬耐性C型肝炎ウイルス感染に対するインターフェロン遺伝子治療
      M名温志、橋有己、内田宅郎、西川元也、今村道雄、茶山一彰、倉喜信

      (優秀発表賞)
    • DNAレセプター発現・導入細胞によるナノ構造化核酸の構造依存的細胞取り込みの評価
      大槻昇三、志波由佳子、高橋有己、高倉喜信、西川元也
    • Gagタンパクを利用した細胞外小胞の内部標識法の開発と体内動態評価への利用
      Charoenviriyakul Chonlada、高橋有己、西川元也、高倉喜信
    • コレステロール修飾DNAハイドロゲルからの抗原徐放化による抗腫瘍免疫の増強
      齋藤昌朗、梅木佑夏、高橋有己、高倉喜信、西川元也
    • エキソソームの回収効率に及ぼす培地体積の影響
      服部将太、高橋有己、山下拓真、西川元也、高倉喜信
    • エンドソーム脱出型癌細胞由来exosomeの開発による癌抗原のMHCクラスI提示の増強
      有泉伶一、森下将輝、高橋有己、西川元也、高倉喜信
  • 日本薬学会第137年会仙台、3月
    • 抗原内包免疫刺激性DNAハイドロゲルへの免疫細胞の組み込みによる抗腫瘍免疫の増強
      梅木佑夏、高橋有己、高倉喜信、西川元也
    • マクロファージの混合による腫瘍微小環境を模倣した癌細胞スフェロイドの構築とin vivo腫瘍形成の評価
      田中悠太郎、西村俊祐、西川元也、高橋有己、高倉喜信
    • 持続的インターフェロンβ遺伝子発現による多発性硬化症の再発予防
      M名温志、高橋有己、谷岡あかね、西川元也、高倉喜信
  • 新適塾「未来創薬への誘い」第37回会合大阪、1月
    • 核酸医薬品の創薬研究:現状と将来展望
   高倉喜信

2016 年
  • 日本核酸医薬学会第2年会東京、11月
    • ナノ構造化核酸を基盤とする核酸医薬のデリバリー戦略
      西川元也、高倉喜信
       (招待講演)
    • ヒトMSR-1導入HEK-Blue hTLR9細胞を用いた核酸医薬の免疫活性評価
      大槻昇三、高橋有己、梅村圭祐、井上貴雄、高倉喜信、西川元也
    • 自然免疫活性化による感染症予防を目的としたCpG DNA徐放DNAハイドロゲルの開発
      齋藤昌朗、野村大貴、菅田謙治、松岡雅雄、高橋洋介、佐野紘平、佐治英郎、高橋有己、高倉喜信、西川元也
       
  • 第66回日本薬学会近畿支部総会・大会大阪、10月
    • アデノシン類似化合物COA-Clによる細胞スフェロイドからの血管内皮細胞増殖因子産生の増強
      荻野悠加、西川智子、西川元也、塚本郁子、高橋有己、高倉喜信
    • DNAナノ構造体の構造的特徴がDNAナノ構造体の細胞取り込みに及ぼす影響の解明
      志波由佳子、高橋有己、江村智子、日高久美、杉山 弘、遠藤政幸、高倉喜信、西川元也
    • ローリングサークル増幅とコレステロール修飾を利用した免疫細胞指向性を有する疎水化DNA超分子の開発
      杉村佳那子、高橋有己、 西川元也、 高倉喜信
       
  • 第3回 関西バイオ創薬研究会大阪、10月
    • DNAを基盤とするドラッグデリバリーシステムの開発
      西川元也
       (招待講演)
  • 第75回日本癌学会学術総会、横浜、10月
    • アジュバント活性を有するDNAハイドロゲルからの抗原徐放化による抗腫瘍免疫の効率的誘導
      西川元也、高橋有己、高倉喜信
       
  • 日本学術振興会産学協力研究委員会第174委員会「分子ナノテクノロジー」、東京、9月
    • 細胞外小胞エキソソームを利用したDDSの開発
      高橋有己
       (招待講演)
  • 千里ライフサイエンスセミナー「エクソソーム研究の最前線:疾患のメカニズム解明から診断・治療まで」、大阪、9月
    • エクソソームを利用したドラッグデリバリー戦略の構築
      高倉喜信
       (招待講演)
  • 永井記念薬学国際交流財団創立30周年記念シンポジウム、東京、7月
    • Development of novel nucleic acid drug delivery systems.
      高倉喜信
       (招待講演)
  • 第32回 日本DDS学会学術集会、静岡、6月
    • 核酸医薬の実用化に求められる核酸デリバリーシステムの開発
      西川元也
       (招待講演)(ワークショップ3『核酸医薬の将来展望:日本核酸医薬学会の目指すもの』)
    • 混合細胞スフェロイド中の細胞局在に影響を及ぼす因子の解明.
      水上優哉、西川元也、高橋有己、清水一憲、小西 聡、高倉喜信
  • 日本薬剤学会第31年会、岐阜、5月
    • 活躍するSNPEEから巣立った研究者たち
      高倉喜信
       (招待講演)(薬剤・特別企画シンポジウム1)
    • 新制度薬学教育課程を経た博士(薬学)、博士(薬科学)を世に送り出して、今一度薬学での大学院教育を考える
      高倉喜信
       (招待講演)(薬剤・薬学教育シンポジウム)
    • 免疫刺激性DNAハイドロゲルからのカチオン化抗原の徐放化による抗腫瘍免疫の増強
      梅木佑夏、高橋有己、高倉喜信、西川元也

      (最優秀発表者賞)
    • 光熱免疫療法のための複合材料型DNAハイドロゲルの開発
      譚萌萌、矢田智也、村上達也、中辻博貴、高橋有己、高倉喜信、西川元也
  • 第16回遺伝子・デリバリー研究会シンポジウム、川崎、5月
    • ナノ構造化核酸を基盤とする薬物・核酸デリバリーシステムの開発
      西川元也
      (招待講演)
  • 日本薬学会第136年会、横浜、3月
    • マクロファージ混合スフェロイドの構築と機能評価
      田中悠太郎、西川元也、高橋有己、高倉喜信
    • インターフェロン-β持続発現ベクターの開発とがん遺伝子治療への適用
      M名温志、高橋有己、西川元也、高倉喜信
    • 三次元構造化DNAの免疫細胞および非免疫細胞との相互作用解析
      大槻昇三、高橋有己、井上貴雄、高倉喜信、西川元也
    • エキソソームのマクロファージによる取り込みにおけるホスファチジルセリンの関与
      松本明宏、高橋有己、佐野紘平、森下将輝、Charoenviriyakul Chonlada、西川元也、佐治英郎、高倉喜信


2015 年
  • 日本核酸医薬学会第1回年会、京都、12月
    • インターフェロンβ持続発現プラスミドベクターの構築とがん遺伝子治療への適用
      M名温志、高橋有己、西川元也、高倉喜信
    • ピロリン酸マグネシウム粒子を利用したpolyI:Cの免疫細胞への効率的デリバリーによる免疫活性化能の増強
      高木翔一、高橋有己、杉村佳那子、西川元也、高倉喜信
    • 原子間力顕微鏡観察によるpolypodna中のDNA配向性の解明
      譚 萌萌、塩見朋紀、高橋夏樹、遠藤政幸、江村智子、日高久美、杉山 弘、高橋有己、高倉喜信、西川元也
    • DNAハイドロゲルを利用したCpG DNAの経膣投与による膣粘膜免疫の持続的活性化
      野村大貴、高橋有己、高倉喜信、西川元也
    • 免疫刺激性核酸の樹状細胞への効率的デリバリーを目的としたCpG DNA修飾癌細胞由来エキソソームの開発
      森下将輝、高橋有己、西川元也、高倉喜信
    • ナノ構造体化を利用した免疫刺激性DNAによるヒト細胞からのサイトカイン産生の増強
      大槻昇三、高橋有己、井上貴雄、高倉喜信、西川元也
    • 生体内安定性の向上を目的としたGカルテット構造を組み込んだDNAハイドロゲルの開発と機能評価
      梅木佑夏、高橋有己、高倉喜信、西川元也
    • RCA法および酵素消化の組み合わせによる自己ゲル化多足型DNA構造体の効率的増幅
      矢田智也、高橋有己、譚 萌萌、日高久美、遠藤政幸、杉山 弘、高倉喜信、西川元也
  • 第65回日本薬学会近畿支部総会・大会、大阪、10月
    • ピロリン酸マグネシウム微粒子を用いた免疫アジュバントのデリバリー
      高木翔一、高橋有己、杉村佳那子、西川元也、高倉喜信
    • 血栓結合型インターフェロンγ誘導体の遺伝子導入によるインターフェロンγ癌遺伝子治療効果の増強
      藤本眞衣、安藤満、高橋有己、西川元也、M名温志、高倉喜信  
  • 第7回日本RNAi研究会、広島、8月
    • エキソソームを基盤とした核酸医薬品DDSの開発
      高倉喜信、高橋有己、西川元也 (招待講演)
  • 第31回 日本DDS学会学術集会、東京、7月
    • 核酸医薬のDDSへの応用を目的とした体内動態制御型核酸搭載exosomeの開発
      高橋有己、西川元也、高倉喜信 (招待講演)(ワークショップ4「核酸医薬開発の鍵を握るデリバリー技術の新展開」)
    • 静脈内投与された細胞の肺への集積の定量的評価と制御
      田中悠太郎、荻野悠加、西川元也、西川智子、高橋有己、高倉喜信
    • インターフェロン応答性Mxプロモーターを利用したインターフェロンβ持続発現プラスミドベクターの開発
      M名温志、高橋有己、西川元也、高倉喜信
    • 免疫細胞への選択的デリバリーを目的としたナノ構造体化DNAの開発
      大槻昇三、西川元也、Tatu Lajunen、毛利浩太、井上貴雄、高橋有己、高倉喜信
    • 各種培養細胞由来のexosomeの物性と体内動態の評価
      Charoenviriyakul Chonlada、高橋有己、西川元也、高倉喜信
  • 日本薬剤学会 第30年会、長崎、5月
    • 核酸医薬の開発:現状と将来展望
      西川元也、井上貴雄 (招待講演)(学術シンポジウム「バイオ医薬品の開発戦略:薬剤学会マスタープランの具現化を目指して」)
    • 抗腫瘍免疫の増強を目的としたCpG DNA修飾癌細胞由来exosomeの開発
      森下将輝、高橋有己、西川元也、高倉喜信

      (永井財団大学院学生スカラシップ受賞)
      (最優秀発表者賞受賞)
    • Exosome回収方法がexosomeの特性に及ぼす影響の評価
      山下拓真、高橋有己、西川元也、高倉喜信
    • 経口デリバリーを目的としたキトサン被覆DNAハイドロゲル微粒子の開発
      野村大貴、西川元也、高橋有己、高倉喜信
    • 混合スフェロイドにおける細胞局在化の原因究明
      水上優哉、西川元也、高橋有己、高倉喜信
  • 日本膜学会 第37年会、東京、5月
    • DDSに資するexsosomeの開発
      高倉喜信 (生体膜シンポジウム「細胞外ベシクル・エクソソーム研究の最前線」
  • 遺伝子・デリバリー研究会 第15回シンポジウム、京都、5月
    • 免疫刺激性DNAで構成したDNAハイドロゲルからの抗原徐放化による抗腫瘍免疫誘導の増強
      梅木佑夏、西川元也、毛利浩太、高橋有己、高倉喜信
  • 日本薬学会第135年会、神戸、3月
    • DDSを指向したexosome体内動態の解析と制御
      高橋有己 (シンポジウム:第10回若手が拓く新しい薬剤学)
    • マクロファージを用いた細胞スフェロイドの作製
      田中悠太郎、西川元也、荻野悠加、清水一憲、小西 聡、高橋有己、高倉喜信
    • DNAハイドロゲルを用いたCryj1の経鼻デリバリーによるスギ花粉症に対する免疫療法の開発
      水野友美子、梅木祐夏、高橋有己、高倉喜信、西川元也
    • ピロリン酸マグネシウム粒子を用いたワクチンシステムの開発
      高木翔一、高橋有己、杉村佳那子、西川元也、高倉喜信
    • 血栓結合型インターフェロンγ誘導体の遺伝子導入によるインターフェロンγ癌遺伝子治療効果の増強
      M名温志、安藤 満、藤本眞衣、高橋有己、西川元也、高倉喜信

2014 年
  • アンチセンス・遺伝子・デリバリーシンポジウム2014、東京、9月
    • 多足型DNAのpod数依存的な溶液内立体構造と細胞取り込みとの
      相関解析

      塩見朋紀、西川元也、毛利浩太、真田雄介、櫻井和朗、高橋有己、高倉喜信
    • 腫瘍血栓結合性ペプチド融合インターフェロンの設計と遺伝子導入に
      よる腫瘍指向性インターフェロン遺伝子治療法の開発
      藤本眞衣、安藤 満、高橋有己、M名温志、西川元也、高倉喜信
  • 日本バイオマテリアル学会 第9回関西若手研究発表会、京都、8月
    • 自己ゲル化核酸のレオロジー解析とドラッグデリバリーシステムへの
      応用
      梅木佑夏、西川元也、毛利浩太、川崎洋志、渡辺 宏、高橋有己、高倉喜信
    • 核酸搭載ピロリン酸マイクロスポンジを利用した免疫アジュバントの
      開発

      高木翔一、高橋有己、杉村佳那子、西川元也、高倉喜信
  • 日本DDS学会第30年会、東京、7月
    • 肝細胞スフェロイドのサイズ制御による細胞機能の最適化
      西川智子、西川元也、草森浩輔、水野成美、清水一憲、小西 聡、
      高橋有己、高倉喜信
    • Streaptavidin-biotin結合に基づいたexosome放射標識法によるexosome体内動態の定量的解析
      森下将輝、高橋有己、佐野紘平、西川元也、佐治英郎、高倉喜信
    • SELEX法を利用したexosome移行性RNAの探索
      篠塚春香、高橋有己、加藤佳奈、西川元也、高倉喜信
    • DNAナノテクノロジーを基盤とする核酸医薬のデリバリー
      西川元也、高倉喜信

      (ワークショップ「核酸医薬品開発の最前線」)
  • 日本薬剤学会第29年会、埼玉、5月
    • Immunological removal of transgene-expressing cells
      after in vivo gene transfer.

      Yalei Yin, Norifumi Ebisuura, Yuki Takahashi, Makiya Nishikawa,
      Yoshinobu Takakura.
    • 混合細胞スフェロイドを用いた糖尿病治療効果の増強
      田中悠太郎、水野成美、水上優哉、西川元也、西川智子、草森浩輔、
      清水一憲、小西 聡、高橋有己、高倉喜信
      (永井財団大学院学生スカラシップ受賞)
    • 免疫刺激性DNAの免疫細胞へのデリバリーのための
      DNAナノ構造体の設計

      大槻昇三、西川元也、毛利浩太、松崎憲幸、遠藤政幸、日高久美、
      杉山 弘、高橋有己、高倉喜信
      (永井財団大学院学生スカラシップ受賞)
    • 小角X線散乱による構造解析に基づく多足型DNAの構造活性相関の解明
      塩見朋紀、西川元也、高橋夏樹、真田雄介、櫻井和朗、高橋有己、高倉喜信
      (最優秀発表者賞受賞)
    • 静脈内投与されたB16BL6由来エキソソームのマウスにおける
      マクロファージ依存的消失挙動

      山下拓真、今井貴文、高橋有己、森下将輝、西川元也、高倉喜信 
                
  • 日本薬学会第134年会、熊本、3月
    • DNAナノテクノロジーを基盤とする免疫アジュバント・抗原徐放システムの開発
      西川元也、高倉喜信 (シンポジウム「ワクチン・免疫療法に関連する創剤開発の
      現状と未来
    • Streptavidin-biotin結合を利用したexosomeの放射標識によるexosome
      体内動態定量的解析法の開発
      森下将輝、高橋有己、佐野紘平、西川元也、佐治英郎、高倉喜信
      (優秀発表者賞受賞
2013 年
  • 第23回アンチセンスシンポジウム、徳島、11月
    • 静電的相互作用を利用した免疫刺激性DNAハイドロゲルからの
      抗原徐放化による抗腫瘍免疫の効率的誘導

      梅木佑夏、西川元也、毛利浩太、高橋有己、高倉喜信
    • Takumi型核酸ナノ構造体を利用した免疫細胞への免疫抑制性
      オリゴ核酸のデリバリー

      西田 優、西川元也、遠藤政幸、杉山 弘、高橋有己、高倉喜信
      (奨励賞受賞)
    • 免疫刺激性核酸の免疫細胞への効率的デリバリーを目的とした
      自己会合型DNAナノ構造体の構造活性相関

      大槻昇三、西川元也、毛利浩太、松崎憲幸、高橋有己、高倉喜信
  • 第29回日本DDS学会学術集会、京都、7月
    • 伝承、創造 そして進化
      高倉喜信 (大会長講演)
    • DNAナノテクノロジーを基盤とする核酸医薬の高機能化とデリバリー
      (シンポジウム「核酸医薬の基礎と臨床における新展開」)
      西川元也
    • exosomeを基盤とするDDS開発を指向した体内動態評価システムの開発 (シンポジウム「exosomeとDDS」)
      高橋有己
    • ヒト肝細胞キメラマウスを用いたインターフェロンγ遺伝子導入による
      治療抵抗性慢性C型肝炎治療

      安藤 満、高橋有己、西川元也、平賀信彦、今村道雄、茶山一彰、高倉喜信
    • Upregulation of indoleamine 2, 3-dioxygenase 1 by interferon γ gene transfer and its effects on tumor growth in mice.
      Kanitta Watcharanurak, Lei Zang, Makiya Nishikawa, Kayo Yoshinaga, Yuki Takahashi, Yasuko Yamamoto, Kuniaki Saito, Yuki Murakami
      and Yoshinobu Takakura
    • Removal of transgene-expressing cells by transgene-specific immune response induced by sustained transgene expression.
      Yalei Yin, Norifumi Ebisuura, Yuki Takahashi, Makiya Nishikawa,
      and Yoshinobu Takakura
    • Gaussia Luciferase-Lactadherin 融合タンパク質を利用したexosomeの体内動態評価法の開発
      今井貴文、高橋有己、西川元也、高倉喜信
    • DNAハイドロゲルを基盤とした抗原デリバリーシステムの開発
      梅木佑夏、西川元也、小川耕平、毛利浩太、高橋有己、高倉喜信
    • 核酸ナノ構造体を利用した免疫細胞への免疫抑制性オリゴヌクレオチドデリバリー
      西田 優、西川元也、高橋有己、高倉喜信
    • 蛍光標識exosomeを利用した細胞とexosomeとの相互作用解析
      加藤佳奈、大原早織、高橋有己、西川元也、高倉喜信
    • 自己組織化デンドリマー型DNAを基盤とする免疫細胞指向性
      核酸DDSの開発

      楠木絵理、西川元也、毛利浩太、高橋夏樹、遠藤政幸、日高久美、
      杉山 弘、高橋有己、高倉喜信
    • 混合型細胞スフェロイドの構築によるインスリン産生細胞からの
      インスリン放出性の増強

      水野成美、草森浩輔、西川元也、西川智子、清水一憲、小西 聡、
      高橋有己、高倉喜信
    • 細胞スフェロイドサイズの制御に基づく肝細胞および癌細胞機能制御
      西川智子、草森 浩輔、西川元也、水野成美、清水一憲、小西 聡、
      高橋 有己、高倉喜信
    • 高速原子間力顕微鏡観察によるpolypodna中のDNA配向性の解明
      塩見朋紀、西川元也、高橋夏樹、遠藤政幸、日高久美、杉山 弘、
      高橋有己、高倉喜信
  • 日本薬剤学会第28年会、愛知、5月
    • Gaussia Luciferaseを利用したエクソソーム標識法の開発による
      エクソソーム体内動態解析

      今井貴文、高橋有己、西川元也、高倉喜信
    • 核酸医薬の効率的な免疫細胞へのターゲティングを目的とした
      自己組織化デンドリマー型DNAの開発
      楠木絵理、西川元也、毛利浩太、高橋夏樹、遠藤政幸、日高久美、
      杉山 弘、高橋有己、高倉喜信
    • Takumi型核酸ナノ構造体の開発と免疫抑制性オリゴヌクレオチド
      デリバリーへの応用

      西田 優、西川元也、高橋有己、高倉喜信
    • 血管内皮細胞との混合型細胞スフェロイドの開発によるインスリン産生細胞からのインスリン放出性の増強
      水野成美、草森浩輔、西川元也、西川智子、清水一憲、小西 聡、
      高橋有己、高倉喜信
    • Micromolding技術を利用した細胞スフェロイドのサイズ制御と細胞機能に及ぼすサイズの影響の解明
      西川智子、草森浩輔、西川元也、水野成美、清水一憲、小西 聡、
      高橋有己、高倉喜信
  • 日本化学会第93春季年会、滋賀、3月
    • 核酸をベースとしたナノメディシンの開発:現状と将来展望
      高倉喜信 (基調講演)

2012 年
  • 第6回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、京都、11月
    • Development of Uniformly Sized Insulin-Producing Multicellular Spheroids for the Treatment of Type 1 Diabetes.
      Kosuke Kusamori, Makiya Nishikawa, Narumi Mizuno, Tomoko Nishikawa, Kazunori Shimizu, Satoshi Konishi, Yuki Takahashi, Yoshinobu Takakura
    • Cellular Uptake Mechanism of Fluorescently Labeled Exosomes.
      Saori Ohara, Yuki Takahashi, Makiya Nishikawa, Yoshinobu Takakura
    • Self-Assembling Nano-Sized Dendrimer-Like DNA for Efficient Delivery of Immunostimulatory CpG DNA to Immune Cells.
      Eri Kusuki, Makiya Nishikawa, Kohta Mohri, Natsuki Takahashi, Masayuki Endo, Kumi Hidaka, Hiroshi Sugiyama, Yuki Takahashi, Yoshinobu Takakura
  • 第34回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、京都、11月
    • ヘパラン硫酸結合ドメインの融合による細胞表面付着型
      インターフェロンγの開発と遺伝子デリバリーによる疾患治療.
      安藤 満、高橋有己、西川元也、渡部好彦、高倉喜信
    • 細胞接着を促進する合成低分子化合物adhesamine誘導体の利用による
      細胞治療効果の増強.
      草森浩輔、西川元也、高橋有己、山添紗有美、上杉志成、高倉喜信
    • 高次構造化核酸と生体膜との促進的相互作用の解析と核酸医薬・抗原
      デリバリーへの応用.
      西川元也
  • 第61回日本薬学会近畿支部総会・大会、神戸、10月
    • 細胞表面接着型インターフェロンを利用した標的特異的作用型遺伝子
      治療システムの開発
      高橋有己、安藤 満、西川元也、渡部好彦、高倉喜信
      (支部奨励賞受賞講演)
  • 第8回広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム、広島、7月
    • 肝炎・肝がん治療を目的としたインターフェロン遺伝子治療の最適化.
      安藤 満、高橋有己、山下拓真、西川元也、高倉喜信
  • 27回日本DDS学会学術集会、札幌、7月
    • 核酸による核酸医薬のデリバリー.
      西川元也(ワークショップ「核酸を科学する」)
    • マウスにおけるRNA干渉効果の定量的解析法の開発.
      高橋有己、松井由梨子、西川元也、高倉喜信
  • 日本薬剤学会第27年会、神戸、5月
    • 1型糖尿病治療を目的としたβ細胞スフェロイドの作製.
      草森浩輔、西川元也、水野成美、清水一憲、小西 聡、高橋有己、高倉喜信
      (最優秀発表者賞受賞)
    • Effects of highly upregulated indoleamine 2, 3-dioxygenase 1 on anti-tumor activity of interferon g gene transfer in tumor-bearing mice.
      Kanitta Watcharanurak, Lei Zang, Makiya Nishikawa, Kayo Yoshinaga,
      Mitsuru Ando, Yuki Takahashi, Yoshihiko Watanabe, Yasuko Yamamoto, Kuniaki Saito, Yoshinobu Takakura
    • Immunological removal of transgene-expressing cells after in vivo gene transfer.
      Yalei Yin, Norifumi Ebisuura, Yuki Takahashi, Makiya Nishikawa,
      Yoshinobu Takakura
    • 注射投与可能なDNAハイドロゲルを利用した抗原デリバリーシステムの
      開発.
      高橋夏樹、西川元也、毛利浩太、小川耕平、梅木佑夏、楠木絵理、
      高橋有己、高倉喜信
      (永井財団学部学生七つ星薬師奨励賞受賞)
    • ポリ-N-イソプロピルアクリルアミド被覆ポリジメチルシロキサン基板を用いた細胞スフェロイドの作製.
      舛澤 暁、西川元也、草森浩輔、水野成美、清水一憲、小西 聡、
      高橋有己、高倉喜信
      (永井財団大学院学生スカラシップ受賞)
    • 多足型構造DNAによるマウスおよびヒト免疫細胞の活性化.
      松崎憲幸、西川元也、宇野翔大、毛利浩太、日高久美、遠藤政幸、
      杉山 弘、高橋有己、高倉喜信
    • 体内動態と生体応答の制御に基づくインターフェロン癌遺伝子治療法の開発.
      高橋有己、西川元也、高倉喜信(シンポジウム「がん治療を目的とした
      ターゲティング戦略の最前線」)

  • 日本薬学会第132年会、札幌、3
    • ポリジメチルシロキサン製マイクロポケットを利用した細胞スフェロイドの作製.
      草森浩輔、西川元也、水野成美、清水一憲、小西 聡、豊田健太郎、稲垣暢也、高橋有己、高倉喜信
    • 機能性ペプチド融合によるIFN-γ時空間制御.
      安藤 満、高橋有己、西川元也、高倉喜信(シンポジウム:遺伝子・核酸医薬創製に向けた多角的アプローチと新戦略)
    • ウイルス性肝炎および肝がん治療を目的としたインターフェロン遺伝子デリバリー.
      高倉喜信(シンポジウム:ウイルス性肝炎と肝がんの撲滅を目指した研究最前線)
       

2011 年

  • 17回創剤フォーラム若手研究会「核酸工学・核酸医薬の新展開」、京都、11
    • DNAの立体化による核酸医薬の高機能化とDDS開発
      西川元也
     
  • 61回日本薬学会近畿支部総会・大会、神戸、10
    • 細胞表面接着型インターフェロンを利用した標的特異的作用型遺伝子治療システムの開発
      高橋有己、安藤 満、西川元也、渡部好彦、高倉喜信
  • 70回日本癌学会学術総会、名古屋、10
    • Depletion of tumor-associated macrophages can enhance the anticancer effect of interferon-γ gene therapy(腫瘍関連マクロファージの除去によるインターフェロンγ遺伝子治療の抗腫瘍効果の増強)
      Yuki Takahashi, Makiya Nishikawa, Yoshinobu Takakura
    • Development of anticancer DNA nanopods as immunostimulatory delivery systems for anticancer agents(免疫活性型抗癌剤デリバリーシステムとしての抗癌DNAナノポッドの開発)
      Makiya Nishikawa, Yuki Takahashi, Yoshinobu Takakura
  • 21アンチセンスシンポジウム+第11回遺伝子・デリバリー研究会シンポジウム 合同シンポジウム、大阪、9
    • 酵素反応を必要としないDNAハイドロゲルの開発.
      毛利浩太、西川元也、小川耕平、高橋夏樹、楠木絵里、高橋有己、高倉喜信
    • 注射可能なDNAハイドロゲルを利用した抗原デリバリーシステムの開発
      小川耕平、西川元也、毛利浩太、高橋有己、高倉喜信
    • 抗原タンパク質の発現プロファイル依存的な抗原特異的免疫応答の解析
      戎浦規文、高橋有己、西川元也、高倉喜信
    • 安定性改善を目的としたloop構造を含む多足型DNApolypodna−の開発
      高橋夏樹、西川元也、毛利浩太、楠木絵里、高橋有己、高倉喜信 
     
  • 7回広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム、広島、7
    • 各種肝疾患治療を目指したインターフェロン体内動態の時空制御の試み
      高倉 喜信、安藤 満、高橋 有己、西川 元也
     
  • 27回日本DDS学会学術集会、東京、6
    • Regulation of immunological balance by sustained interferon-γ gene transfer for atopic dermatitis in mice.
      Kanitta Watcharanurak, Makiya Nishikawa, Yuki Takahashi, Kenji Kabashima, Rei Takahashi and Yoshinobu Takakura
     
  • 日本薬剤学会第26年会、東京、5
    • 細胞機能促進化合物の利用による骨髄由来細胞の皮膚創傷治療効果の増強.
      草森浩輔、西川元也、高橋有己、山添紗有美、上杉志成、高倉喜信
    • 血中滞留化と活性保持を両立するインターフェロン誘導体の開発.
      三坂真之、宮川典子、西川元也、高橋有己、安藤 満、渡部好彦、高倉喜信
    • 免疫活性型核酸の立体化による活性増強とDDS開発(遺伝子・細胞製剤FGシンポジウム「核酸医薬研究開発の最前線」).
      西川元也、高橋有己、高倉喜信

本文へジャンプ
Last update : 15/April/2022

Link
HOME
 
研究業績
研究室紹介