Research

様々なテクノロジーの飛躍的進歩により応用科学の領域では、サイエンスが10年前と大きく変わっているように見えます。一方、基礎科学のひとつである有機合成は他分野からみると革命的な転換が起こっているようには見えませんが、有機合成は「ものづくり」の根幹のひとつであり、これからも重要な学問たりえます。単にこれまで知られている反応をデータベースで探して組合わせればいかなる化合物も合成できるわけではなく、研究者の深い考えと行動力、観察力と失敗に立ち向かう強い心があって初めて新しいことが生み出されます。私達は「どのような分子を設計するのか」「どのように分子を合成するのか」「どのように分子の性質を理解するのか」に焦点をあてた有機化学を展開しています。それにより、従来にはなかった独創的な機能性分子を創造できるものと考えています。

Generation of new organic molecules is essential to develop new drugs and organic materials. Organic chemists can create novel organic molecules (drug candidates and intelligent materials) and discover unprecedent concepts (new strategies and new reactions) by their hands. We must think over “What molecules do we design?”, “How do we synthesize them?” and “How do we analyze their actions?” Our groups aim to contribute for the life sciences through discovery of new reactions and molecular structures. Our group needs your imagination and action to new frontier.

Main Research Topics

合成しにくそうな分子をつくる Synthesis of unique/complex molecules

新たな分子変換反応を開拓する Development of new synthetic methodologies

生物活性分子を合成する Total synthesis of biologically active natural/unnatural products

ひずみ分子の化学とその向こう側 Beyond the chemistry of strained molecules

京都大学大学院薬学研究科

薬品合成化学分野

〒606-8501 京都市左京区吉田下阿達町46-29

Synthetic Medicinal Chemistry

Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Kyoto University

46-29 Yoshida-Shimo-Adachi-cho, Sakyo-ku, Kyoto 606-8501, Japan

Copyright © 薬品合成化学分野
トップへ戻るボタン