生体機能/病態機能を分子レベルでインビボ解析するための分子イメージング法の開発

生体内では常に分子が相互作用していろいろな反応を起こし、動的に変化しています。生体機能を解明するために、従来は対象分子の反応を試験管や細胞を用いて解析してきましたが、多くの分子反応が互いに関連して常に変化している生体の場合には、従来の解析に加え、新たにインビボでの分子反応の空間的・時間的な解析が必要です。そこで、様々な生体機能を対象として、放射線、光をはじめとする光量子技術を用いて、分子反応をインビボで定量解析するための新規生体機能解析法、分子イメージング法の開発を行っています。

具体的には、神経変性疾患、腫瘍などを対象とした高感度機能分析試薬である分子プローブの設計・開発、生体機能のインビボ定量解析法の開発に関する研究を進めています。例えば、アルツハイマー病で起こるβアミロイドタンパク質およびタウタンパクの凝集・蓄積過程の分子イメージング、薬物による変化と治療効果の定量評価に関する研究を行っています(アルツハイマー病診断のための分子プローブ開発①:βアミロイドタンパク質標的プローブアルツハイマー病診断のための分子プローブ開発②:神経原線維変化標的プローブ)。また、構造-活性-分布相関の解析に基づき、神経伝達物質や薬物のトランスポーターやレセプターの分子イメージングに有効な放射性分子プローブを開発しています(脳機能分析のための分子プローブの開発)。また、糖尿病の病態解明、早期発見などを目的として膵臓β細胞の変化を評価できる分子プローブの開発研究も行っています(糖尿病の超早期・予防診断のための膵島β細胞標的分子プローブの開発)。さらに、分子に光を照射した場合に発する蛍光を測定してイメージングする光イメージング用蛍光分子プローブ、特に生体内で特異的な分子との反応やある組織や細胞が置かれている特異的環境下で蛍光を発する分子プローブの開発研究も行っています。これは光の透過距離に制限があるので表面から浅い部分が対象となりますが、簡便性やリアルタイム測定に優れるイメージング法として期待されています。

ページの先頭に戻る