アルツハイマー病診断のための分子プローブ開発②

神経原線維変化イメージングプローブの開発

神経原線維変化(NFT)の主成分であるタウタンパク質の蓄積は、アルツハイマー病(AD)発症早期から認められ、記憶・認知機能の低下などの臨床症状と高い相関性を示すことから、病状進行の判定に有効とされてきた。また、AD以外にもタウ蓄積が認められる疾患が存在しており、その診断にも有用であると考えられる。そのため、タウ凝集体を標的とした放射性プローブの開発研究を行なっている。

当研究室ではこれまでにタウ凝集体を標的としたSPECT用プローブを開発してきた。その中で、上記に示すようにPhenylethenylbenzimidazoleがタウ選択的イメージングプローブの母核として有用であることを見出した。さらに、光異性化の防止、タウに対する選択的結合性の構造を目指して構造活性相関研究を行なった結果、タウイメージングプローブの新たな母核としてBenzimidazopyridine(BIP)誘導体を見出した。現在、臨床応用を目指してBIP骨格を基盤としたPET、SPECTプローブの開発研究を行なっている。

 

 

主要論文

  • Structure-activity Relationships of Radioiodinated 6,5,6-Tricyclic Compounds for the Development of Tau Imaging Probes
    ACS Med. Chem. Lett. 11(2) 120-126 (2020)
  • Structure-activity Relationships of Radioiodinated Benzoimidazopyridine Derivatives for Detection of Tau Pathology
    ACS Med. Chem. Lett. 9(5) 478-483 (2018)
  • Highly Selective Tau-SPECT Imaging Probes for Detection of Neurofibrillary Tangles in Alzheimer’s Disease
    Sci. Rep.6 34197 (2016)
  • Structure-Activity Relationship Study of Heterocyclic Phenylethenyl and Pyridinylethenyl Derivatives as Tau-Imaging Agents that Selectively Detect Neurofibrillary Tangles in Alzheimer’s Disease Brains
    J. Med. Chem. 58(8) 7241-7257 (2015)
  • 18F-labeled phenyldiazenyl benzothiazole for in vivo imaging of neurofibrillary tangles in Alzheimer’s disease brains.
    ACS Med. Chem. Lett. 3(1) 58-62 (2012)
  • Rhodanine and thiohydantoin derivatives for detecting tau pathology in Alzheimer’s brains
    ACS Chem. Neurosci. 2(5) 269-275 (2011)

総説等

  • タウのPETイメージング
    脳神経内科91(1), 48-53 (2019).
  • Novel PET/SPECT Probes for Imaging of Tau in Alzheimer’s Disease
    ScientificWorldJournal 2015 124192 (2015)

ページの先頭に戻る