在学生からのメッセージ

薬学科の魅力

薬学部 薬学科 6回生 佐々木明彦さん

写真 佐々木明彦(HP)私は、一つの薬が何十万という人々の命を救う可能性を持つことに心打たれ、創薬の道を志しました。薬学科を志望した理由は、創薬研究に加えて、薬が医療現場でどのように使用されているか学ぶことも大切だと考えたからです。4年次からは研究室に属し、自分のテーマを持って研究を行うことができます。そして5年次の病院実習と調剤薬局実習では、間近に薬剤師業務を体験することができます。薬学科は、研究に関しても薬剤師育成に関しても充実した環境が整っており、両方とも存分に打ち込めることが何よりの魅力だと思います。

実習を終えた今、臨床と研究の双方の知識を得たことで視野が広がり、大きく成長できたと感じています。京都大学薬学部にはモチベーションが高い仲間達がたくさんいます。皆さんもぜひ私達と一緒に大学生活を送りませんか。

 

薬学の研究者を目指して

薬学部 薬科学科 4回生 小島 莉果さん

写真 小島莉果(HP)わたしは、創薬の観点から医療に携わりたいと思い、京都大学薬学部を志望しました。京都大学では、1年次から研究者の育成を目指したハイレベルな指導が行われています。4年次からは研究室に配属され、研究の基礎を学びます。その後、薬科学科の学生はほとんどが大学院に進学し、それぞれの研究室でより専門的な研究を進めていくことになります。
わたしは現在、システムバイオロジーの分野で生体リズムについての研究を行っています。まだ配属されて間もないですが、日々新たな発見があり、充実した研究生活を送っています。
京都大学には、自分のやりたいことに思う存分打ち込むことのできる環境が整っています。皆さんも、わたしたちと一緒に薬学を学んでみませんか。