在学生からのメッセージ

「くすり」の未来を切り開く

薬学研究科 医薬創成情報科学専攻 2012年 博士後期課程入学 三須 良介さん

高校生の頃、私は、たった1つの薬が世界中の人々の命を救えること、世代を超えてたくさんの人々に未来を与えられることに感銘を受け、新しい薬を創ることに強い憧れを抱き、京都大学薬学部に進学することを決意しました。
京都大学薬学部では、自然科学の基礎から臨床応用に至るまで、「くすり」のエキスパートになるための高い水準の教育を受けることができます。現在、私は大学院修士課程を修了して博士後期課程に進学し、これまでの6年間で身に付けた知識や技術を生かして、新しい薬をどう創るかを考えながら日々の研究に打ち込んでいます。また、研究を通じて、国内外の多くの研究者と知り合い、今では10カ国以上の国々に友人ができました。そんな国際色豊かなところも、世界最先端の研究を行う京都大学薬学部ならではだと思います。

「くすり」に携わる者としての誇りややりがいを皆さんも体感してみませんか。

 

京都大学薬学研究科の魅力

薬学研究科 薬学専攻 2012年 博士課程入学 宗 可奈子さん

私は、薬剤師として臨床の知識を持ちそれを生かして基礎研究を行い、より良い医療を人々に提供するという理念の一端を担いたいと学部生時代に強く思い、他大学より京都大学薬学研究科の大学院博士課程への進学を選択しました。

京都大学は研究環境が非常に整っており、基礎から最先端までの幅広い知識や技術に触れる事ができます。さらに4年制の大学院博士課程では、臨床の知識や基礎から臨床への展開などについての講義も行われるため、先端医療や基礎および臨床研究に関わるために必要な幅広い力を身につけることができ、私は臨床と基礎研究の両方を視野に入れる事を意識しながら、日々の研究生活を過ごしています。このように臨床と基礎研究どちらか一方に偏るのではなく、両方ともとても高いレベルのものを身につけられるということが京都大学薬学研究科の大きな魅力だと思います。

個性的で素晴らしい仲間とともに多くの事を学べる充実した環境で、みなさんも大学院生活を送ってみませんか。