専攻の特徴

薬科学専攻

主として薬学部4年制学科の卒業生および創薬に興味を持つ理系学部の卒業生を対象として、薬学の基礎となる自然科学の諸学問(有機化学、物理化学、生物化学など)と薬学固有の学問(薬理学、薬剤学、衛生薬学など)を分野横断的に研究し、創薬研究者あるいは教育者として求められるレベルの高い総合的な学問的素養と創造性を持った人材を育成します。

薬学専攻

主に薬学部6年制学科の卒業生や医療薬学研究に興味を持つ学生を対象に、薬学関連の基礎科学を基盤として、医療薬学および関連分野の基礎から応用に関する研究を実践し、臨床薬学に対する知的好奇心や科学的問題解決能力の涵養を通じて、高度な先端医療の担い手や医療薬学に携わる教育研究者として求められるレベルの高い知識や技能を身につけた、多様な場で活躍する人材を育成します。

医薬創成情報科学専攻

薬学部をはじめとする生命科学系学部および医薬創成に興味を持つ情報科学系学部の卒業生を対象とし、創薬科学と生命情報科学の融合を基盤とし、そのもとで化学遺伝学、生命システム工学、創薬情報科学などの先端的薬学について統合的に研究し、ポストゲノム時代に 対応する独創的な次世代の医薬品創成を担う力量ある人材を育成します。

 

薬学研究科の研究室一覧はこちら