学部カリキュラム・ポリシー/ディプロマ・ポリシー

カリキュラム・ポリシー

教育プログラム、あるいは教育課程編成・実施の方針

薬科学科

1.広範な教養と高い人間性、社会性、倫理観を育む教養教育を初等年次配当科目において実施し、主体的に学ぶ      姿勢を涵養し、豊かな人格形成の基盤づくりを行います。

2.グローバルなコミュニケーション力養成のための外国語教育・少人数討論を初等年次配当科目において実施します。

3.教養教育の上に、薬科学を構成する有機化学・天然物化学・物理化学・分析化学などの創薬化学、生物化学・衛生薬学などの生命薬科学、生理学・薬理学・薬剤学などの医療薬科学に関する講義・演習・実習を体系立てて実施します。

4.習得した専門知識と技術を基に、研究室において個別指導による特定のテーマに関する研究を行う特別実習を加え、将来世界をリードできる独創的な創薬科学研究者として活躍できるよう、科学的観点に立った問題発見および問題解決の基礎的能力を修得することができるようにします。

科目間の体系的な流れをコースツリーにより示し、履修の一助とします。また、学修成果の評価方法は、シラバスにおいて科目毎に明示します。

薬学科

1.広範な教養と医療人に相応しい人間性、社会性、倫理観を育む教養教育を初等年次配当科目において実施し、主体的に学ぶ姿勢を涵養し、豊かな人格形成の基盤づくりを行います。

2.グローバルなコミュニケーション力養成のための外国語教育・少人数討論を初等年次配当科目において実施します。

3.教養教育の上に、医療薬学研究者、薬剤師・医療従事者として必要な有機化学・天然物化学・物理化学・分析化学などの創薬化学、生物化学・衛生薬学などの生命薬科学、生理学・薬理学・薬剤学などの医療薬科学に関する講義・演習・実習を体系立てて実施します。

4.習得した専門知識・技能・態度を基に、病院および薬局における長期実務実習および研究室において個別指導による特定のテーマに関する研究を行う特別実習を加え、医療薬学研究者、先端医療を担う薬剤師・医療従事者のリーダーとして必要な問題発見および問題解決の基礎的能力を修得することができるようにします。

科目間の体系的な流れをコースツリーにより示し、履修の一助とします。また、学修成果の評価方法は、シラバスにおいて科目毎に明示します。

ディプロマ・ポリシー

教育理念、あるいは学位授与の方針

薬科学科

薬学部薬科学科は、創薬科学を通して薬学の進展と社会の発展に貢献するリーダーを育成することが社会から期待されています。そうした人材を育成するために、本学科では、4年以上在学し、所定の単位を修得したうえで、以下の点に到達していることを目安とし学位を授与します。

1.広範な教養と豊かな人間性、社会性、倫理観に基づいて主体的に行動できる。

2.グローバルなコミュニケーション力を身につけ、将来、薬科学領域でリーダーとしての役割を果たす基盤を備えている。

3.薬科学を構成する創薬化学、生命薬科学、医療薬科学に関する専門知識と技術を習得している。

4.習得した専門知識と技術を総合化し、主体的に考え、情報収集し、創薬研究者のリーダーとして必要な問題発見および問題解決の基礎的能力を修得している。

薬学科

薬学部薬学科は、医療薬学を通して薬学の進展と社会の発展に貢献するリーダーを育成することが社会から期待されています。そうした人材を育成するために、本学科では、6年以上在学し、所定の単位を修得したうえで、以下の点に到達していることを目安とし学位を授与します。

1.広範な教養と医療人として相応しい人間性、社会性、倫理観に基づいて主体的に行動ができる。

2.グローバルなコミュニケーション力を身につけ、将来、医療薬学研究者、薬剤師・医療従事者のリーダーとしての役割を果たす基盤を備えている。

3.医療薬学研究者、薬剤師・医療従事者として必要な創薬化学、生命薬科学、医療薬科学に関する専門知識・技能・態度を習得し、世界水準の医療薬学研究、医療を実施する素地ができている。

4.習得した専門知識・技能・態度を総合化し、医療薬学研究者、先端医療を担う薬剤師・医療従事者のリーダーとして必要な問題発見および問題解決の基礎的能力を修得している。