研究科カリキュラム・ポリシー/ディプロマ・ポリシー/学位授与基準

カリキュラム・ポリシー

薬科学専攻

  1. 博士後期課程では、創薬科学研究のための基盤的・先端的な専門知識と高度な技能、研究を企画・遂行できる能力を修得させ、創造性豊かな優れた研究・開発能力を持ち、創薬科学関連の研究・教育機関の中核を担うことのできる研究者を養成する。
  2. 修士課程では、創薬研究の基盤的・先端的な専門知識と技能、問題発見能力と問題解決能力を修得させ、独創的な創薬研究を担うための能力を養わせる。
  3. 自己の研究を専門の研究分野において適格に位置づけ、その成果と意義を国際的な水準で議論し、必要に応じて協力体制の構築に寄与できる能力を養わせる。
  4. 学問の過度の専門化に陥ることなく、幅広い視野から自己の研究を位置づけて「知の体系」を構築できるよう、専門分野にとらわれない分野横断的な学修ができるカリキュラムを実施し、常に進取の精神をもって未踏の分野への挑戦を目指す素地を形成する。
  5. 物事の本質を洞察して研究の深化を図るとともに、強い責任感と高い倫理性とをもってその研究を見つめ、それが人や自然との共生にかなっているかどうか絶えず批判的に吟味する力を育てる。

医薬創成情報科学専攻

  1. 博士後期課程では、生命科学、情報科学、創薬科学の融合を基盤とする医薬創成情報科学研究のための基盤的・先端的な専門知識と高度な技能、研究を企画・遂行できる能力を修得させ、創造性豊かな優れた研究・開発能力を持ち、医薬創成科学関連の研究・教育機関の中核を担うことのできる研究者を養成する。
  2. 修士課程では、生命科学、情報科学、創薬科学を基盤とする医薬創成情報科学研究の基盤的・先端的な専門知識と技能、問題発見能力と問題解決能力を修得させ、独創的な医薬創成研究を担うための能力を養わせる。
  3. 自己の研究を専門の研究分野において適格に位置づけ、その成果と意義を国際的な水準で議論し、必要に応じて協力体制の構築に寄与できる能力を養わせる。
  4. 学問の過度の専門化に陥ることなく、幅広い視野から自己の研究を位置づけて「知の体系」を構築できるよう、専門分野にとらわれない分野横断的な学修ができるカリキュラムを実施し、常に進取の精神をもって未踏の分野への挑戦を目指す素地を形成する。
  5. 物事の本質を洞察して研究の深化を図るとともに、強い責任感と高い倫理性とをもってその研究を見つめ、それが人や自然との共生にかなっているかどうか絶えず批判的に吟味する力を育てる。

薬学専攻

  1. 博士課程では、医療薬学・臨床薬学の研究領域を中心とした高度で先端的な専門知識と技能、研究を企画・遂行できる能力を修得させ、創造性豊かな優れた研究・開発能力を持ち、高度な先端医療を開拓する医療薬学・臨床薬学関連の研究・教育・医療の中核を担うことができる薬剤師および関連領域の人材を養成する。
  2. 自己の研究を専門の研究分野において適格に位置づけ、その成果と意義を国際的な水準で議論し、必要に応じて協力体制の構築に寄与できる能力を養わせる。
  3. 学問の過度の専門化に陥ることなく、幅広い視野から自己の研究を位置づけて「知の体系」を構築できるよう、専門分野にとらわれない分野横断的な学修ができるカリキュラムを実施し、常に進取の精神をもって未踏の分野への挑戦を目指す素地を形成する。
  4. 物事の本質を洞察して研究の深化を図るとともに、強い責任感と高い倫理性とをもってその研究を見つめ、それが人や自然との共生にかなっているかどうか絶えず批判的に吟味する力を育てる。

ディプロマ・ポリシー

薬科学専攻(修士課程)

  1. 修士課程にあっては、2年以上在学して研究指導を受け、薬学研究科が教育理念・教育目標に沿って設定した   授業科目を履修して30単位以上を修得し、かつ修士論文を提出し、所定の試験に合格することが、学位授与の要件である。修得すべき授業科目には、講義、実習、演習、実験が含まれる。
  2. 修士課程修了にあっては、以下の点に到達していることを目標とする。

(1)薬科学に関する高度な専門知識と技能を習得し、世界水準の薬科学研究を理解することができる。
(2)薬科学における個々の知識を総合化し、既成の権威や概念に囚われることなく、それぞれの専門領域において創造性の高い研究を行う素地ができている。
(3)科学・技術的な課題について薬科学の知識を基に解決策を提示でき、また、世界が将来直面する可能性のある課題についても、それを把握・予測し、科学的根拠に基づき解決方法を構想できる
(4)薬科学の意義と重要性を理解し、高い倫理性をもって、その発展と応用に寄与することを目指した行動ができる
(5)幅広い視野と教養を身につけ、薬科学に関して異なる文化・分野の人々とも円滑にコミュニケーションできる

薬科学専攻(博士後期課程)

  1. 博士後期課程にあっては、原則として3年以上在学して研究指導を受け、薬学研究科が教育理念・教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、6単位以上を修得し、かつ独創的研究に基づく博士論文を提出し、所定の試験に合格することが、学位授与の要件である。
  2. 博士後期課程修了にあっては、以下の点に到達していることを目標とする。

(1)高度な基礎科学の理解および薬科学の体系的・先端的知識と技能を備え、それらを柔軟に活用する能力を身につけている。
(2)薬科学に関する深い学識を基に、独自の発想力を発揮して研究を実施し、新たな知的価値を創出することができる。
(3)科学・技術および広汎な社会的課題について薬科学の知識を総合して複数の解決策を提示でき、また、世界が将来直面する可能性のある課題についても、それを把握・予測し、科学的根拠に基づいて、柔軟かつ的確に対応できる高度な解決力を有している。
(4)薬科学の意義と重要性を理解し、高い倫理性をもって、その発展と応用に寄与することを目指した行動を通して、人や自然との調和ある共存に貢献できる。
(5)幅広い視野と教養を身につけ、薬科学に関する研究成果を世界に向けて発信・説明できる能力を有している。

医薬創成情報科学専攻(修士課程)

  1. 修士課程にあっては、2年以上在学して研究指導を受け、薬学研究科が教育理念・教育目標に沿って設定した授業科目を履修して30単位以上を修得し、かつ修士論文を提出し、所定の試験に合格することが、学位授与の要件である。修得すべき授業科目には、導入教育、講義、スキル修得、研究、医薬創成ITコンテンツ制作が含まれる。
  2. 修士課程修了にあっては、以下の点に到達していることを目標とする。

(1)医薬創成情報科学を中心とする高度な専門知識を習得し、世界水準の医薬創成情報科学研究を理解することができる。
(2)医薬創成情報科学に関わる個々の知識を総合化し、既成の権威や概念に囚われることなく、それぞれの専門領域において創造性の高い研究を行う素地ができている。
(3)科学・技術的な課題について医薬創成情報科学の知識を基に解決策を提示でき、また、世界が将来直面する可能性のある課題についても、それを把握・予測し、科学的根拠に基づき解決方法を構想できる
(4)医薬創成情報科学の意義と重要性を理解し、高い倫理性をもって、その発展と応用に寄与することを目指した行動ができる
(5)幅広い視野と教養を身につけ、医薬創成情報科学に関して異なる文化・分野の人々とも円滑にコミュニケーションできる

医薬創成情報科学専攻(博士後期課程)

  1. 博士後期課程にあっては、原則として3年以上在学して研究指導を受け、薬学研究科が教育理念・教育目標に沿って設定した授業科目を履修して12単位以上を修得し、かつ独創的研究に基づく博士論文を提出し、所定の試験に合格することが、学位授与の要件である。
  2. 博士後期課程修了にあっては、以下の点に到達していることを目標とする。

(1)高度な基礎科学の理解および医薬創成情報科学の体系的・先端的知識と技能を備え、それらを柔軟に活用する能力を身につけている。
(2)医薬創成情報科学に関する深い学識に基づき、独自の発想力を発揮して研究を実施し、新たな知的価値を創出することができる。
(3)科学・技術および広汎な社会的課題について医薬創成情報科学の知識を総合して複数の解決策を提示でき、また、世界が現在直面している課題や将来直面する可能性のある課題についても、それを把握・予測し、広く深い科学的根拠に基づいて、柔軟かつ的確に対応できる高度な解決力を有している。
(4)医薬創成情報科学の意義と重要性を理解し、高い倫理性をもって、その発展と応用に寄与することを目指した行動を通して、人や自然との調和ある共存に貢献できる。
(5)幅広い視野と教養を身につけ、医薬創成情報科学に関する研究成果を世界に向けて発信・説明できる能力を有している。

薬学専攻(博士課程)

  1. 原則として4年以上在学して研究指導を受け、薬学研究科が教育理念・教育目標に沿って設定した授業科目を履修して30単位以上を修得し、かつ独創的研究に基づく博士論文を提出し、所定の試験に合格することが、学位授与の要件である。修得すべき授業科目には、講義、実習、演習、実験が含まれる。
  2. 博士課程修了にあっては、以下の点に到達していることを目標とする。

(1)高度な基礎科学の理解および医療薬学、臨床薬学領域を中心とした薬学の体系的・先端的知識と技能を備え、それらを柔軟に活用する能力を身につけている。
(2)薬学に関する深い学識を基に、独自の発想力を発揮して研究を実施し、新たな知的価値を創出することができる。
(3)科学・技術および広汎な社会的課題について薬学の知識を総合して複数の解決策を提示でき、また、世界が将来直面する可能性のある課題についても、それを把握・予測し、科学的根拠に基づいて、柔軟かつ的確に対応できる高度な解決力を有している。
(4)薬学の意義と重要性を理解し、高い倫理性をもって、その発展および臨床応用に寄与することを目指した行動を通して、人や自然との調和ある共存に貢献できる。
(5)幅広い視野と教養を身につけ、薬学に関する研究成果を世界に向けて発信・説明できる能力を有している。

 

学位授与基準

修士課程(薬科学専攻・医薬創成情報科学専攻)

修士学位論文の審査にあたっては、学位論文が当該分野における学術的意義、新規性、創造性等を有しているかどうか、ならびに学位申請者が研究遂行力、論理的説明能力、関連研究領域における幅広い専門的知識、学術研究における倫理性等を有しているかどうかを基に審査する。

 博士後期課程(薬科学専攻・医薬創成情報科学専攻)

博士学位論文の審査にあたっては、学位論文が当該分野における学術的意義、新規性と創造性、研究によってもたらされた知見の科学的検証または証明の妥当性などを有しているかどうか、ならびに学位申請者が、研究企画力および研究遂行力、論理的説明能力、関連研究領域における高度で幅広い専門的知識、学術研究における高い倫理性等を有しているかどうかを基に審査する。

博士課程(薬学専攻)

博士学位論文の審査にあたっては、学位論文が当該分野における学術的意義、新規性と創造性、研究によってもたらされた知見の科学的検証または証明の妥当性などを有しているかどうか、ならびに学位申請者が、研究企画力および研究遂行力、論理的説明能力、関連研究領域における高度で幅広い専門的知識、学術研究における高い倫理性等を有しているかどうかを基に審査する。