薬科学専攻

分野名 研究テーマ 紹介
薬品合成化学

教授
高須 清誠

takasu

  1. 生物活性天然化合物の合成
  2. 高次分子変換のための実践的方法論の開拓
  3. 活性種の特性を活かした高官能基選択的な変換反応の開拓
  4. 特異機能を発現する人工低分子・集合体の設計と開発
  5. 分子変換反応の新規活性化法および不斉化手法の開拓
薬品分子化学

教授
竹本 佳司

takemoto

  1. プロセス合成を指向した環境調和型有機合成反応の開発
  2. 金属の特性を利用した新規分子変換法の開拓
  3. 生物活性天然有機化合物及びその類縁体の全合成研究
  4. 機能性複素環化合物の創製とバイオプローブ分子への展開
  5. 多点分子間相互作用するホスト分子の設計と生体機能の構築
薬品資源学

准教授
伊藤 美千穂

mitoh

 

  1. 二次代謝機能発現に関する研究、特にテルペノイドの生合成機構の解明
  2. 生薬ならびに薬用植物に含まれる生理活性成分の研究
  3. 薬用植物の実態と多様性に関する調査研究
  4. 吸入投与による精油の生薬薬理学的研究
薬品機能解析学

教授
松崎 勝巳

matsuzaki

  1. 抗菌性ペプチドの作用機構の解明と創薬への展開
  2. アルツハイマー病発症機構の解明と予防・治療法の開発
  3. 膜タンパク質の構造形成原理の解明
  4. 受容体の機能解析と創薬
  5. NMRによる生体分子の構造解析
構造生物薬学

教授
加藤 博章

katoh

  1. ABC (ATP Binding Cassette)トランスポーターの構造薬理学
  2. ペルオキシソーム膜タンパク質の膜局在化メカニズムの構造生物学
  3. 精密立体構造に基づく酵素の触媒作用の構造的起源の解明
  4. X線自由電子レーザーを用いた新規X線構造解析手法の開発
製剤機能解析学

教授
石濱 泰

ishihama

  1. プロテオミクス新規計測技術の開発
  2. ヒトプロテオーム一斉定量分析に基づく細胞機能解析
  3. 細胞内リン酸化ネットワークの解明
  4. 微量組織試料の大規模定量解析と臨床プロテオミクスへの展開
  5. プロテオミクス技術を用いた分子標的創薬に関する研究
精密有機合成化学

教授
川端 猛夫

kawabata

  1. 動的不斉制御の方法論と不斉反応への利用
  2. 有機触媒による精密反応制御
  3. 分子のキラリティーに基づく高次構造の構築
  4. 分子認識および超分子化学に関する研究
  5. 生物活性化合物の創出を指向した新規合成法の開発
生体分子認識学

教授
竹島 浩

takeshima

  1. 小胞体Ca2+シグナリングに関する研究
  2. 中枢系の新規情報伝達に関する研究
  3. 筋細胞の膜構築と機能に関する研究
ヒトレトロウイルス学

教授
松岡 雅雄

matsuoka

  1. ヒトレトロウイルス(ヒトT細胞白血病ウイルス1型、エイズウイルス)感染症の分子病態研究
  2. ヒトレトロウイルスの複製機構に関する研究
  3. ヒトレトロウイルスに対する治療法の開発
  4. ウイルス感染症の動物モデルの開発
分子ウイルス学

教授

小柳 義夫

koyanagi

  1. ウイルスの感染メカニズムの解明
  2. レトロウイルス複製への細胞性因子関与における分子様式解析
  3. エイズウイルス感染による免疫機構破壊過程と発症メカニズムの解明
  4. 新規抗ウイルス療法の開発
遺伝子薬学

講師
三宅 歩

miyake

  1. 細胞増殖因子(FGF)の脂肪組織、脳形成などにおける役割の解明
  2. 遺伝子探索法による新規細胞増殖・分化因子遺伝子の探索と構造解析
  3. 遺伝子機能抑制小型魚類の作成による新規遺伝子の個体レベルでの機能解析
  4. 遺伝子欠損マウスの作成による新規遺伝子の機能解析とその分子機構の解明
  5. 組織形成、組織修復の分子機構の解明と再生医学への応用
生理活性制御学

教授
井垣 達吏

igaki

  1. 細胞競合の分子機構
  2. 細胞間コミュニケーションを介した組織成長制御機構
  3. がんの発生・進展機構
生体情報制御学

教授
中山 和久

nakayama

  1. 低分子量GTPaseによる細胞内タンパク質輸送の調節に関する研究
  2. 多様なエンドサイトーシス経路の調節に関する研究
  3. メンブレントラフィックによる細胞分裂の調節に関する研究
  4. メンブレントラフィックとタンパク質分解の共役に関する研究
  5. 生体膜の非対称性の制御による細胞機能調節に関する研究
神経機能制御学

教授
根岸 学

negishi

  1. 細胞形態及び細胞運動におけるRhoファミリー低分子量G蛋白質の機能の研究
  2. 細胞形態及び細胞運動におけるRasファミリー低分子量G蛋白質の機能の研究
  3. 神経軸索ガイダンス分子のシグナル伝達機構の研究
生体機能化学

教授
二木 史朗

futaki

  1. 細胞機能・遺伝子を制御する生理活性蛋白質の創製
  2. ペプチドを基盤とするバイオ高分子の細胞内導入法の開発とその原理
  3. 生体膜の構造変化を誘起する蛋白質・ペプチドの機能設計
  4. 人工転写調節蛋白質の設計と遺伝子発現制御
  5. 膜蛋白質の会合制御とシグナル調節